お客様に愛されて11年。このHPで決算書・経営分析の基本を学べます。

貸借対照表とは何か

貸借対照表とは何か

貸借対照表とは、会社が1年間の事業年度終了後、株主や取引先に対して資産・負債の状況を報告するために作成される決算資料で、会社の全財産がわかるデータ表です。


貸借対照表からは以下の会社の財産状況を把握することができます。

  • 会社が持っている「資産」
  • 会社が持つ借金がある「負債」
  • 資産から負債を差し引いて残る返済義務のない「純資産」

 

貸借対照表は、大きく左右2つに分かれ、右側がさらに上下2つに分かれています。

「資産の部」は、集めた資金をどのように運用しているかを示しています。
一方、右側に記載されているのが「負債の部」と「純資産の部」で、会社が事業に必要な資金をどのように集めたかを示しています。

 

貸借対照表の見方

 

  資産の部

 

負債の部
純資産の部

 

つまり、貸借対照表からは、会社がどのようにして資金を調達し、調達した資金をどのように運用しているか、という会社の資金の動きを確認することができます。
貸借対照表の見方を変えると以下のようになります。

 

資金の動き

 

資金運用の部

 

 

資金調達の部

 

 

貸借対照表(バランスシート)は、土地・建物などの財産ばかりでなく、借入金などの借金も含めて表示されます。
つまり、プラスの財産ばかりでなく、マイナスの財産も含めた「会社の全財産」を知ることができます。

貸借対照表とは、会社の全財産を知るデータ表です。
 

身近な例で、貸借対照表を考えてみましょう。
 
Aさんは、マイホームを3000万円で購入しました。
購入資金の内訳は、銀行からの借入金が2500万円。自己資金が500万円です。
このとき、Aさんの財産は、つぎのようになります。

 

                                                       Aさんの全財産              (単位:万円)

 マイホーム    3,000 借 入 金    2,500
 自己資金       500
  合    計  3,000 合    計    3,000


 

マイホームの購入代金3000万円が、借入金2,500万円と自己資金500万円の合計額の3,000万円とバランスよく一致していることがわかります。
つぎにAさんの全財産を貸借対照表をつかって、あらわしてみましょう。
貸借対照表では、以下のような表現になります。

 マイホーム=「資産」
 借入金    =「負債」
 自己資金   =「純資産」

 

                                                       Aさんの貸借対照表        (単位:万円)

      資  産    3,000

 負   債

    2,500

 純 資 産

       500
   合  計    3,000 合  計    3,000

 

「貸借対照表」は3つの柱で成り立つ

貸借対照表は、「資産」「負債」「純資産」の3つの大きな柱で成り立ています。
左右の金額は、必ず同じになります。

すなわち、「資産」=「負債」+「純資産」ということです。
貸借対照表が、英語で、バランスシート(balance sheet)とよばれる理由です。

貸借対照表のつくりは、以下のとおりです。

【貸借対照表】についてもっと詳しく知りたい人のために、わかりやすい解説をした記事をご用意しました。

こちらをご参照ください。
参考記事

 ↓

資産とは何か

負債とは何か

純資産とは何か

 

 

決算書や経営分析に関する知識を身につけたい方のためにビジネスでデジタル教材をご用意しております。詳しくはデジタル教材ページをご覧ください。      中小企業研修協会 

                       無料メール配信サービス

就活中、転職をお考えの方/営業・購買・人事などの管理職になりたい方、なったばかりの方

全社会人にすぐに役立つメールマガジン(全5通)はこちら

広告リンク

デジタル教材販売中!

推薦の一冊

講談社お薦めの一冊です!

★★★★★      読者感想レビュー