お客様に愛されて11年。このHPで決算書・経営分析の基本を学べます。

固定比率とは何か

固定比率とは何か

固定比率とは、純資産(自己資本)に占める固定資産の割合を示すデータです。

言い換えると、固定比率とは、所有する固定資産が、どれくらい会社の自己資金で購入されているのか、を示すデータです。

具体的には、固定資産が、純資産の範囲内で購入されている。
あるいは、固定資産が、純資産を超えて購入されている、などがわかります。

固定比率が100%を超えていれば、純資産(自己資本)を上回る借金で固定資産を購入している、ということになり、100%を切っていれば固定資産をすべて純資産(自己資本)で購入している、ということになります。

なお、固定資産とは、土地、建物、備品などです。

固定比率をわかりやすくするために、貸借対照表を図解し、イメージしてみましょう。

【貸借対照表図解】

 

                     貸借対照表の基本

 資産

 

負 債

 

 

純資産

 

 

         貸借対照表の資産の部を「流動資産」「固定資産」に分解する 

 

         流動資産

 

                         

        負   債

 

 

固定資産

 

純資産

 

 

固定比率は、「固定資産」と「純資産(自己資本)」を比較します。

固定比率の計算方法

固定比率は、以下の計算式で算出されます。

固定比率(%)=固定資産÷純資産(自己資本)×100

具体的に固定比率を見ていきましょう。

純資産が2,000万円の会社が6,000万円の固定資産を所有する場合を考えてみましょう。
自己資本以外の借金4,000万円で、固定資産が購入されていることになります。

固定資産6,000万円   >  純資産(自己資本)2,000万円


返済できる見込みがあれば別ですが、一般的には危険な状況です。

固定資産は長期的に使用するため、できるだけ返済の必要のない自社の資金である純資産(自己資本)で調達することが経営の安全性につながります。

固定比率が100%を切っていれば、すべての固定資産を自己資本でまかなっているということなので、財務状況は比較的健全で、長期的な安定が見込めるといえます。
100%を超えると自己資本以上の固定資産を購入しているということになります。

しかし、会社に借金があるのは当然です。
借金の存在が、安全性に疑問符がつくわけではありません。

このため、固定比率に加えて、「固定長期適合率」というデータもあります。

 

【固定長期適合率】についてもっと詳しく知りたい人のために、わかりやすい解説をした記事をご用意しました。

こちらをご参照ください。
参考記事

 ↓

固定長期適合率とは何か

固定資産は、長期間にわたって、使用可能な資産です。

言い換えると、長期間にわたって、収益を生み出す資産ということになります。
当然ながら、購入した固定資産が予想どおりの収益を生み出せば、自己資金でも借入金でも、固定比率が悪化することはありません。

しかし、固定資産の収益が想定よりも下回ると、固定比率が悪化し、会社経営に支障が出ます。

固定比率の図解事例

たとえば、固定資産が1,000万円で、自己資本が2,000万円だった。

固定比率は(1,000万円÷2,000万円)×10050%

 

 

 

         流動資産    

 

 

 

    

   負  債    

 

 

 

  純資産     2,000万円

 

 

固定資産 1,000万円

 

 

この事例では、純資産よりも固定資産が小さく、健全な固定遺産の購入をしていると判断できます。

 

では、逆に、固定資産が2,000万円で、自己資本が1,000万円だった場合はどうでしょう。
固定比率は(2,000万円÷1,000万円)×100200%

 

 

                         流動資産

 

 

 

 

 

 

 負 債

 

 

 

 

固定資産2,000万円  

           

 

 純資産 1,000万円

 

 

純資産を大きく超える固定資産を購入していることがわかります。

 図解して、視覚で確認するとてもわかりやすくなります。

 

決算書や経営分析に関する知識を身につけたい方のためにビジネスでデジタル教材をご用意しております。詳しくはデジタル教材ページをご覧ください。      中小企業研修協会 

                       無料メール配信サービス

就活中、転職をお考えの方/営業・購買・人事などの管理職になりたい方、なったばかりの方

全社会人にすぐに役立つメールマガジン(全5通)はこちら

広告リンク

デジタル教材販売中!

推薦の一冊

講談社お薦めの一冊です!

★★★★★      読者感想レビュー