お客様に愛されて11年。このHPで決算書・経営分析の基本を学べます。

売上総利益とは何か

売上総利益とは何か

売上総利益とは、商品力やサービス提供力によって、稼いだ利益のことです。
商品やサービスにかかる最低限のコストを除いた会社の最も基本となる利益です。
売上総利益は、会社の基本的利益かつ商売の基礎となる利益です。
売上総利益は、粗利(あらり)ともいわれます。
商品力やサービス提供力とは「商品やサービスの魅力によって利益を稼ぎ出す力」と言い換えることができます。

 

売上総利益の計算式は、以下のとおりです。

売上高—売上原価=売上総利益
 

たとえば、A社が、商品を800円で仕入れ、1,000円で売ったとします。
このときのA社の損益計算書は、つぎのとおりです。

A社の損益計算書

売上高              1,000
仕入高                800
売上総利益          200

売上高から仕入高(売上原価)を差し引き、200円の売上総利益が計算されています。
売上総利益によって、商品の売上で、いくら利益を稼いだのか、がわかります。

このため、会社のもっとも基本となる利益といえます。

売上総利益の確保は事業継続の根幹問題となる理由は?

「売上総利益」は、会社のもっとも基本となる利益です。

会社は、この売上総利益から社員のお給料やオフィス賃借料、接待交際費に代表される営業の諸経費を支払うことになります。

このため、
売上総利益が十分に稼げない会社や売上総利益が赤字である場合、会社の事業そのものが存続の危機に瀕していることになります。

さらに言えば、基本的な事業モデルから利益が稼げていない状態を正視したとき、事業モデルそのものに問題があると判断できます。

売上総利益は、つぎのようなイメージで考えると理解しやすいかも知れません。                 まず、リンゴやみかんをイメージしましょう。
これらを食べるときは、皮を剥きます。
赤いリンゴの皮、オレンジ色のみかんの皮です。
そうすると、おいしい果実が出てきます。
このおいしい果実こそが「売上総利益」というわけです。

リンゴ全体―リンゴの皮=白い果実

(売上高)―(売上原価)=売上総利益

 

ちょっとした豆知識【売上総利益を改善させる方法とは?】

売上総利益を改善させる方法には、大きく2つの方法があります。

商品やサービスの単価を上げる

売上原価を下げる

 

①商品やサービスの付加価値を高め、単価を上げる

売上総利益は、商品やサービスにかかる最低限のコストを除いた会社の最も基本となる利益です。品質とサービスとを上げ付加価値を高め、「高くてもこの商品を買いたい」と消費者に思ってもらえれば、原価に利益分を上乗せして単価を上げることができます。

 

労働分配率を知るうえで重要な【付加価値】についてもっと詳しく知りたい人のために、
わかりやすい解説をした記事をご用意しました。

こちらをご参照ください。
参考記事

 ↓
労働分配率とは何か

 

 ②売上原価を下げる

メーカーなどで、イメージしやすいと思いますが、製造や加工にかかる工程を削減したり、作業方法を変更したりするのも有効です。
また、小売業の場合は、仕入業者の仕入単価見直しがあげられます。
長い付き合いのある業者の提示単価を慣習としている会社もありますが、定期的に見直すことは非常に大切です。
売上総利益は会社の基本的利益かつ商売の基礎です。

 

【決算書】についてもっと詳しく知りたい人のために、わかりやすい解説をした教材をご用意しました。

こちらをご参照ください。
 ↓

デジタル教材販売

 

決算書や経営分析に関する知識を身につけたい方のためにビジネスでデジタル教材をご用意しております。詳しくはデジタル教材ページをご覧ください。      中小企業研修協会 

                       無料メール配信サービス

就活中、転職をお考えの方/営業・購買・人事などの管理職になりたい方、なったばかりの方

全社会人にすぐに役立つメールマガジン(全5通)はこちら

広告リンク

デジタル教材販売中!

推薦の一冊

講談社お薦めの一冊です!

★★★★★      読者感想レビュー