お客様に愛されて11年。このHPで決算書・経営分析の基本を学べます。

就活中、転職をお考えの方/営業・購買・人事などの管理職になりたい方、なったばかりの方

全社会人にすぐに役立つメールマガジン(全5通)はこちら

ROE(自己資本利益率)とは何か

会社の資金調達は大きく2つあります。銀行からの借入金などの「他人資本」と株主からの出資である「自己資本」です。このうち、 自己資本に注目したのが、ROE(自己資本利益率)です。これは、自己資本に対する当期純利益の割合を示すものです。

ROEの計算式は、以下のとおりになります。

ROE(%)= 当期純利益                                                                                                                自己資本  ×100

※ Return On Equityの略

ROEでわかる株式投資の指標

ROEによって、株主として、投資した会社の選定が正しかったのか、あるいは、適切ではなかあのかが、を判断する指標になります。自分が投資した会社が妥当な利益を稼いでいるのか、ということです。たとえば、市中銀行に預けた定期預金1000万円の金利が、0.5%だったとしましょう。1年間で50,000円の利息が得られることになります。この場合ROEは、これ以上でなければ、株主としては、有利で、魅力ある投資対象会社にはならないわけです。もちろん、その投資する会社に社会的な意義を見出し、投資家もいるでしょう。しかし、損得、採算性のみに着眼すれば、ROEは、投資先の選別指標として、大変有意義なものです。  

ROAでわかる株式投資の指標

ROEが、 自己資本に注目した利益分析なのに対し、他人資本である銀行からの借入金なども含めた総資本で、利益分析をおこなうのが、ROA(総資本利益率)です。これは、総資本に対する当期純利益の割合を示すものです。

ROAの計算式は、以下のとおりになります。

ROA(%)= 当期純利益                                                                                                                自己資本  ×100

※ Return On Assetsの略

はじめての「決算書」講義編

決算書に興味を持ったら      ちょっと読んでみませんか?

無料ダウンロード実施中!       表紙をクリック!               「決算書を学ぶ」きっかけ作りに最適な                      デジタルPDF教材です。

広告リンク

デジタル教材販売中!

推薦の一冊

講談社お薦めの一冊です!

★★★★★      読者感想レビュー