お客様に愛されて11年。このHPで決算書・経営分析の基本を学べます。

ROE(自己資本利益率)とは何か

ROE(自己資本利益率)とは何か

ROEとはReturn On Equityの略称で、「自己資本利益率」または「株主資本利益率」とも言います
自己資本(純資産)に対してどれくらいの利益を生みだしたのか、が示される分析指標であり、一般的に投資家はROEから以下のようなこと判断します。

・投資した会社から、どれだけ利益を効率良く得られるか?
・自己資本(純資産)を用いて、企業がどれくらいの利益をあげたのか?

2021年現在、多くの投資家が「投資した資金に対して企業がどれだけの利益を上げることができるのか」という点を重視しています。
このようなことから、ROEは株主から見て収益性を測る重要な分析指標になっています。
ROEは、企業の収益性判断の指標だけでなく、株式投資を行う際の重要指標にもなります。

 

会社の資金調達は大きく2つあります。
銀行からの借入金などの「他人資本」と株主からの出資である「自己資本」です。
このうち、 自己資本に注目したのが、ROE(自己資本利益率)です。

 

ROEの計算式は、以下のとおりになります。

ROE(%)= 当期純利益                                                                                                                自己資本  ×100

※ Return On Equityの略

ROEでわかる株式投資の指標

ROEで、株主が、投資した会社選定が正しかったのか、どうか、を判断する指標になります。
つまり、自分が投資した会社が妥当な利益を稼いでいるのか、ということです。
たとえば、市中銀行に預けた定期預金1000万円の金利が、0.5%だったとしましょう。
したがって、年間で50,000円の利息が得られるわけです。

仮に投資したA社のROEが、2%だったとした場合を考えてみましょう。
1000万円×2%=200,000円の利益が得られることになります。

 

この場合は、市中銀行に1000万円預けるよりも、A社に投資した方が有利と判断できるわけです。

もちろん、その投資する会社に社会的な意義を見出し、投資家もいるでしょう。
しかし、損得や採算性に着眼すれば、ROEは、投資先の選択指標として、大変有意義なものです。  


【自己資本】についてもっと詳しく知りたい人のために、わかりやすい解説をした記事をご用意しました。

こちらをご参照ください。
参考記事
  ↓

純資産(自己資本)とは何か

自己資本比率とは何か

ROAでわかる株式投資の指標

ROAは、総資本に対する当期純利益の割合を示す指標です。

ROEが、 自己資本に注目した利益分析なのに対し、他人資本である銀行からの借入金なども含めた総資本で、利益分析をおこなうのが、ROA(総資本利益率)です。
これは、総資本に対する当期純利益の割合を示すものです。

ROAの計算式は、以下のとおりになります。

ROA(%)= 当期純利益                                                                                                                総資本  ×100

※ Return On Assetsの略

日米欧上場企業のROE,ROAの推移データ

 

 

ROE(%)データ

国/年度20142015201620172018
日本8.28.18.810.39.4
米国16.714.115.516.818.4
欧州10.58.48.914.011.9

 

 

ROA(%)データ

国/年度20142015201620172018
日本3.13.33.64.23.9
米国6.35.15.45.76.2
欧州3.62.93.05.04.2

 

 

決算書や経営分析に関する知識を身につけたい方のためにビジネスでデジタル教材をご用意しております。詳しくはデジタル教材ページをご覧ください。      中小企業研修協会 

                       無料メール配信サービス

就活中、転職をお考えの方/営業・購買・人事などの管理職になりたい方、なったばかりの方

全社会人にすぐに役立つメールマガジン(全5通)はこちら

広告リンク

デジタル教材販売中!

推薦の一冊

講談社お薦めの一冊です!

★★★★★      読者感想レビュー