お客様に愛されて10年。このHPで決算書・経営分析・簿記そして、原価計算の基本を学べます。

費用グループの仕訳

・「費用」グループの基本仕訳を学ぶ

費用の仕訳の基本ルールはつぎのとおりでした。

借方

貸方

発生

取消

費用グループは、増加を「発生」といいます。減少は、「取消」といいます。

<仕入をつかった仕訳>

商品を仕入れ、代金20万円は現金で支払った。

借方

貸方

仕入 200,000

現金 200,000

商品の仕入れは「仕入」という費用グループであらわされます。費用グループの発生は「借方」になります。

< 事務用品費をつかった仕訳>

・ペン・消しゴムを購入し、代金2,000円は現金で支払った。

借方

貸方

事務用品費 2,000

現金 2,000

ペンや消しゴムは「事務用品費」となります。事務用品費は費用グループですので、発生は「借方」となります。

<広告料をつかった仕訳>

新聞広告を掲載し、代金30万円を支払った。

借方

貸方

広告料 300,000

現金 300,000

<有価証券売却損をつかった仕訳>

100万円で購入した株券を売却し、代金80万円は現金で受け取った。

借方

貸方

現金      800,000

有価証券売却損  200,000

売買目的有価証券 1,000,000

100万円で購入した株券を80万円で売ったのですから20万円の損をしたことになります。これは「有価証券売価損」という費用グループの発生になります。費用グループの発生は借方です。

広告リンク 

推薦の一冊

講談社お薦めの一冊です!

★★★★★      読者感想レビュー