お客様に愛されて10年。このHPで決算書・経営分析・簿記そして、原価計算の基本を学べます。

消耗品を整理する

コピー用紙や消しゴムなどすぐに使い切ってしまうものを「消耗品」といいます。

消耗品は、決算時に「使った消耗品」と「使っていない消耗品」を区分けし整理する必要があります。さらに消耗品は、購入時に「費用」として仕訳する方法と購入時に「資産」として仕訳する方法の2つの方法があります。

つぎに具体的にみていきましょう。

 

・[購入時に費用として仕訳する方法

[例1]コピー用紙10箱、10,000円を現金で購入した。

借方

貸方

消耗品費   10,000  

現  金  10,000

[例2] 決算時において、未使用の消耗品が3,000円分あった。

借方

貸方

消耗品  3,000

消耗品費 3,000

※未使用であるコピー用紙は、「消耗品」という資産勘定に振り替えることで、使用した消耗品とは区別し、整理します。

 

・[購入時に資産として仕訳する方法

[例1]コピー用紙10箱、10,000円を現金で購入した。

借方

貸方

消耗品  10,000  

現金  10,000

[例2] 決算時において、未使用の消耗品が3,000円分あった。

借方

貸方

消耗品費  7,000

消耗品 7,000

※使用したコピー用紙は、「消耗品費」という費用勘定に振り替えることで、使用しなかった消耗品とは区別し整理します。購入した消耗品10,000円のうち、決算時に3,000円分が未使用として

残っているのなら、当然、[10,000円−3,000円=7,000円] 7,000円が使った分です。

広告リンク 

推薦の一冊

講談社お薦めの一冊です!

★★★★★      読者感想レビュー