お客様に愛されて10年。このHPで決算書・経営分析・簿記そして、原価計算の基本を学べます。

仕入商品を決算整理する

・「売れた商品」と「売れ残った商品」を分ける

仕入れた商品は、すべて売れず、いくらか売れ残るのがふつうです。このため、決算において、「売れた商品」と「売れ残った商品」とにきれいに整理する必要があります。売れた商品は、「売上原価」とし、売れ残った商品は、「繰越商品」として、来期に売上げるべき商品とします。

・仕入商品を整理する

売れた商品

売上原価

売れ残った商品

繰越商品

 (例) ボールペンを10万円分仕入れたときの決算における在庫状況

区   分

仕   入

売れた商品

売れ残った商品

金   額

100,0000

70,000

30,000

このケースでは、ボールペン10万円を仕入れたうち、7万円が売れ、在庫として、3万円が売れ残ったことになります。在庫があるので、決算整理の必要があります。

・このケースにおける決算整理仕訳は、つぎのとおりです。

借方

貸方

繰越商品 30,000

仕入 30,000

なお、繰越商品は、「資産グループ」の勘定科目になります。 貸方にある「仕入」は、取消を意味します。

広告リンク 

広告リンク 

推薦の一冊

講談社お薦めの一冊です!

★★★★★      読者感想レビュー