2008年9月20日創業。お客様に愛されて9年。このHPで決算書・経営分析・簿記の基本を学べます。PDF教材販売中!サンプルも見れます。

訂正仕訳とは何か 借方と貸方を間違えた場合

仕訳をしたあと、間違いに気づいたときは、どうすればよいでしょうか。

仕訳は、すでに帳簿に記入されていますから、消しゴムで訂正すればよいという単純なものではありません。また、間違いのたびに消しゴムで消すような処理をしていたのでは、不正処理の温床になります。仕訳の訂正は、「消して訂正」するのではなく、「加えて訂正」するのです。

仕訳の間違いは、大きく3つあげられます。

・「借方」と「貸方」の記入間違い。

・勘定科目の間違い。

・金額の間違い。

これら3つの訂正仕訳を順番にみていきましょう。

 

「借方」と「貸方」を間違えた訂正仕訳

つぎの取引を「借方」と「貸方」を間違えて仕訳しました。

訂正仕訳を行いましょう。

[取引]商品を売り上げ、代金20万円は現金で受け取った。

借方

貸方

売上 200,000

現金 200,000

まず、間違えた仕訳である「借方」と「貸方」を正反対にした仕訳を行います。

つまり、以下のような仕訳を行います。

1[間違った仕訳の訂正仕訳]

借方

貸方

現金 200,000

売上 200,000

この仕訳によって、間違えた仕訳を帳消しにします。新たな仕訳を「加えて訂正した」わけです。

つぎに正しい仕訳を行います。

2[正しい仕訳]

借方

貸方

現金 200,000

売上 200,000

この仕訳によって、一連の訂正仕訳が完了します。

このように訂正仕訳は、「加えて訂正する」ために

1[間違った仕訳の訂正仕訳]

2[正しい仕訳]

の2つの仕訳を行う必要があります。

★簿記に関する知識を身につけたい方のために、ビジネスで実践的に役立つデジ タル教材をご用意してあります。詳しくは、デジタル教材ページご覧下さい