お客様に愛されて10年。このHPで決算書・経営分析・簿記そして、原価計算の基本を学べます。

負債グループの仕訳

・「負債」グループの基本仕訳を学ぶ

「負債」グループの基本的な仕訳をみていきましょう。

負債グループの仕訳の基本ルールはつぎのとおりでした。

借方

貸方

減少

増加

負債グループの増減は、借方に「減少」、貸方に「増加」として仕訳します。つまり、資産グループとは、正反対になります。

<借入金をつかった仕訳>

銀行から現金100万円を借り入れた。

借方

貸方

現金 1,000,000

借入金 1,000,000

負債グループである借入金の増加ですから「貸方」に借入金100万円と仕訳します。そして、現金が増えますから「借方」に現金となります。

銀行から借りていた借入金にうち、10万円を返済した。

借方

貸方

借入金 100,000

現金 100,000

借入金の返済は、負債の「減少」です。すなわち、借方に「借入金」となります。一方、現金での支払いですから貸方に現金となります。

<買掛金をつかった仕訳>

商品を仕入れ、代金20万円は翌月末支払いとした。

借方

貸方

仕入 200,000

買掛金 200,000

仕入れた商品の未払金は「買掛金」となります。買掛金という負債の増加は「貸方」です。一方、商品の仕入れは「仕入」となります。

<支払手形をつかった仕訳>

買掛金を約束手形で20万円支払った。

借方

貸方

買掛金 200,000

支払手形 200,000

「買掛金」は、支払いよって減少します。したがって、「借方」は「買掛金」です。一方、約束手形による支払いは「支払手形」となります。「貸方」に「支払手形」となります。これは、負債の増加です。

広告リンク 

推薦の一冊

講談社お薦めの一冊です!

★★★★★      読者感想レビュー