お客様に愛されて10年。このHPで決算書・経営分析・簿記の基本を学べます。PDF教材販売中!サンプルも見れます。

労働分配率とは何か

会社にとって「社員の給与をどのように決めるのか」は難しい問題です。経営者は合理的で冷静に行う必要があります。人件費を決定する方法の一つに「労働分配率」があります。                                            この労働分配率を知るために「付加価値額」と「人件費」の2つを知る必要があります。「付加価値」とは、会社が「付(つ)け加えた価値」を意味します。

たとえば、商品を800円で仕入れ、1,000円で売るならば、会社が200円の価値を付け加えたことを意味します。「付加価値額」とは、ほぼ「売上総利益」と同じと考えて下さい。人件費は「給与」のほか、会社が負担する社会保険料や雇用保険料の「法定福利費」。さらに会社が負担する忘年会費用などの「厚生費」を加えた総額になります。すなわち、社員が、働くうえで欠かせない費用の総額が「人件費」と考えればよいでしょう。                

労働分配率を計算する

労働分配率とは、「付加価値額」に占める「人件費」を知ることです。これによって、会社に占める適正な人件費を知ることができます。計算式は、以下のとおり。

労働分配率(%)=人件費÷付加価値額                                                            

労働分配率について、具体的にみていきましょう。                                                        A社のデータは、以下のとおり。   (単位:千円)

付加価値

100,000

給      与

40,000

法定福利費

6,000

厚  生  費

2,000

労働分配率の計算式は、つぎのとおりです。

労働分配率(%)=人件費÷付加価値額 

48,000÷100,000=48(%) 

※ 人件費48,000=給与(40,000)+法定複利日(6,000)+厚生費(2,000)

計算された、自社のデータと、類似する業界データを比較してみます。

他社と比較することで、自社の労働分配率が高いのか、あるいは低いのかが見えてきます。労働分配率を知ることで、自社の人件費総額の適正化をはかることができます。

さらに労働分配率と経営方針について知る

広告リンク 

決算に関する知識を身に着けたい方のために、ビジネスで役立つ実践的なデジタル教材を販売しております。詳しくは、デジタル教材販売サイトをご覧ください。                               

広告リンク 

推薦の一冊

講談社お薦めの一冊です!

★★★★★      読者感想レビュー