お客様に愛されて10年。このHPで決算書・経営分析の基本を学べます。

総資本回転率とは何か

まず、具体的に会社の総資本回転率を取り上げる前に、類似する身近な例を取り上げてみましょう。株式への投資は、サラリーマンだけでなく、主婦も広く行っている人気ある投資です。

この株式への投資について考えてみましょう。

AさんとBさんの株式への投資運用実績は、下記のとおりです。                                                   (単位:百万円)

 AさんBさん
投資金額8020
売却金額100100
売却利益2080

投資金額は、Aさんの80百万円に対して、Bさんは、20百万円に過ぎません。

しかし、株の売却金額は、Aさん、Bさん共に100百万円で同じです。
AさんもBさんも売却金額が同じ100百万円となったわけです。
このため、売却利益は、Aさんが20百万円に過ぎないのに対して、Bさんは80百万円の利益を稼いでいます。Bさんは、Aさんと比較すると少ない投資金額で「効率的」に利益を稼いだといえます。

具体的に総資本回転率を知る

会社の効率性を考えてみましょう。

会社の効率性とは、会社の「財産」を十分に活用し、うまく売上に結びつけることを意味します。会社の効率性は、「総資本回転率」で知ることができます。

総資産は、負債+純資産で求められます。計算式は、つぎのとおりです。

  総資本回転率(回)=売上高÷総資産

C社とD社を比較して、見ていきましょう。 (単位:百万円)

 CさんDさん
総資産80,00020,000
売上高100,000100,000

総資産は、C社の80,000百万円に対して、D社は20,000百万円に過ぎません。
しかし、C社、D社ともに売上高は、100,000百万円と同じです。
この場合、どちらが効率的な会社といえるでしょうか。
総資本回転率を使って、みていきましょう。
総資本回転率は、数字が大きいほど効率的な会社であることを意味します。

総資本回転率は、次のようになります。
C社   100,000÷80,000=1.25 (回)
D社   100,000÷20,000=5.0  (回)

C社は1.25回転に過ぎないのに対して、D社は5回転と高い回転率になっています。
D社は、少ない総資産をうまく活用し効率的に売上をあげていることがわかります。

先のAさんとBさんの株式運用を総資本回転率の計算式をつかって、見てみましょう。
Aさん 100÷80=1.25(回)
Bさん 100÷20=5(回)

回転率(効率性)の大きさが、利益の大きさに結びついていることがわかります。
「個人も株式運用」も「会社の資産運用」も効率性を知る計算方法はまったく同じです。

ggggg.bmp

不動産業が、総資本回転率が低いワケは?!

総資本回転率は、事業の効率性を知る経営分析ですが、各業界の数値を調べてみると全業界ほぼ、1.1回転から1.7回転の幅で推移していることがわかります。

つまり、総資本の金額と売上高がほぼ同額程度ということを意味します。これに対して、不動産業界の総資本回転率は、0.5回転と1回転をしていません。

不動産業界は、その所有する資本に対して、売上高が小さいことを意味します。数値の上からは、不動産業界は、豊かな資本があるといえそうです。不動産業界の特色のひとつです。

中小企業庁が公表している業界データはつぎのとおりです。

項目/業界全産業建設業製造業卸売業小売業
総資本回転率(回)1.11.11.11.81.7

経営分析のもくじに戻る

広告リンク 

広告リンク 

伊達敦著 ひとりで学べる講座シリーズ 発売中!

講義編では、難しい会計の専門用語は使わず、わかりやすい身近な例を取り上げました。決算書の本は、分量のある本を長時間で読み込むよりも、簡潔な内容の本を短時間で、どんどん読んだ方が確実に定着します。講義編の内容を理解すれば、決算書の基本知識は十分のはずです。

ビジネスの世界では「決算書を作成できる人は多いが、決算書を読める人は少ない」とよく言われます。ここでいう「決算書を読める」とは「経営分析ができる」という意味になります。本講義編で紹介する経営分析は、基本的で実践的なものを中心に取り上げました。

 

これまでの簿記の本とは、一線を画しました。それは、実務に役立つ内容に徹したことです。私はかねてより、ほとんどの簿記の本が、検定試験の出題に沿ったものばかりであるのが不思議でした。私はこの実情を正視し、すぐに役立つ実用的な簿記の本が必要である、と考えました。

推薦の一冊

推薦の一冊

講談社お薦めの一冊です!

★★★★★      読者感想レビュー