お客様に愛されて10年。このHPで決算書・経営分析・簿記そして、原価計算の基本を学べます。

経営分析とは何か

経営分析.bmp

私たちは、定期的に健康診断を受け、カラダのどこかに病気ないかをチェックします。

どこか悪いところがあれば、再検査や精密検査をして、さらに病気が悪化する前に治療をします。

健康診断は、病気の予防には欠かせないものです。

同じように会社も定期的に経営のどこかに問題や改善すべきところがあるか、ないかをチェックすることが大切です。

健康診断をすれば、病気にならない、ということではありませんが、病気を早期に発見し、治療することができるはずです。

決算書つかって経営分析をすれば、「倒産しない」ということにはなりませんが、経営分析をおこなうことで、経営危機を事前にチェックし、危険を回避することができるはずです。いわば、会社の健康診断が、経営分析というわけです。

私たちの健康チェック健康診断
会社の健康チェック経営分析

「経営分析」は、経営危機に対する予防接種である。

カゼに対する予防接種をイメージして下さい。経営分析は、「経営危機に対する予防接種」と考えるとよいでしょう。

経営分析を扱ったHPや本では、数多くの分析方法を紹介していますが、このHPは、基本的では、実践的なものに絞って紹介していきます。

このHPで紹介する経営分析は、6つになります。

  • 支払能力がわかる「流動比率」
  • 資金力がわかる「自己資本比率」
  • 効率性がわかる「総資本回転率」
  • 収益力がわかる「売上高総利益率」「売上高営業利益率」
  • 採算性がわかる「損益分岐点」
  • 人件費がわかる「労働分配率」

実務上では、このHPで紹介する経営分析の内容で十分なはずです。

広告リンク 

広告リンク 

推薦の一冊

推薦の一冊

講談社お薦めの一冊です!

★★★★★      読者感想レビュー