2008年9月20日創業。お客様に愛されて9年。このHPで決算書・経営分析・簿記の基本を学べます。PDF教材販売中!サンプルも見れます。

キャッシュフロー計算書とは何か

キャッシュフローと「おこづかい帳」

みなさんの財布の中身をイメージしてください。
サイフには、毎日のようにお金が入り、そして出ていきます。
サイフに入ってくるお金は、預金からの引出し、あるいは、キャッシングにより入ってくる場合もあるでしょう。一方、サイフからお金が出て行く場合はどうでしょうか。毎日のお弁当代やタバコ代。お茶代など、さまざまなかたちで、サイフからお金が出て行きます。このようにサイフにお金が入ったり、出たりするお金の流れを「キャッシュフロー」といいます。そして、キャッシュフローがわかれば、当然、現金残高もわかります。 

Aさんの「おこづかい帳」をみてみましょう。
Aさんの1ヶ月間のおこづかいは、25,000円。お弁当代15,000円。お茶・タバコ代6,500円。その他の支出が、3,000円です。

Aさんのおこづかい帳をあらわせば、以下のようになります。  

1か月のAさんのおこづかい帳

入金 
おこづかいの入金25,000
出金 
お弁当代15,000
お茶代・タバコ代6,500
その他の支出3,000
現在残高500

会社のお金の動きは「キャッシュフロー計算書」でわかる

会社のキャッシュフローもおこづかい帳と基本は同じです。
会社の場合は、サイフではなく、「金庫」をイメージするとよいでしょう。
会社のお金の動きと残高を知るデータがキャッシュフロー計算書(cash flow statement)です。   
                                                            

お金の動きを知る
個人おこづかい帳
会社キャッシュフロー計算書