お客様に愛されて10年。このHPで決算書・経営分析・簿記の基本を学べます。PDF教材販売中!サンプルも見れます。

株主資本等変動計算書とは何か

株主資本等変動計算書で「会社の利益を何に使ったのか」がわかる。

みなさんは、毎月の「おこずかい」を何にいくら使ったのか、わかっているはずです。
何にどう使うのか、収入はもちろん、趣味や考え方によって、人それぞれ大きく違ってきます。

ある人は、一定の金額を年1回の旅行のために定期的に預金し、またある人は、毎月おこなわれる友人たちと呑み会に使うかも知れません。毎月のおこづかいを何にどう使うかは、私たちの自由であり、お金を楽しく使いたいものです。

株主資本等変動計算書によって、会社の利益を何に使ったのか、を知ることができます。
会社の最終的な利益である「当期純利益」を何にどれくらい使うかは、株主と経営者が自由に決めることです。
株主への配当金や別途積立金などへと使い方はさまざまです。
このため、この決算書によって、株主や経営者の考え方がよくわかります。
株主への配当金が多い会社なら株主重視の会社といえます。
また、剰余金に見られる内部留保金への積立金が多ければ、貯蓄型の手堅い会社であることがわかります。

広告リンク 

広告リンク 

推薦の一冊

講談社お薦めの一冊です!

★★★★★      読者感想レビュー