このホームページでは、決算書・経理・簿記・経営分析の基本について学べます。就活中の大学生や社会人の研修テキスト、ビジネス会計検定試験にも有意義です。

<運営>中小企業研修協会

販売費及び一般管理費とは

販売費及び一般管理費とは

私たちは、毎日の生活をするうえでさまざまな支出をします。

食事代や水道代、電気代にガス代など。いわゆる生活費というものです。

生活費ですから、私たちが生きていくうえでの日々の必要経費と考えてよいでしょう。

最低限の諸経費の支出というわけです。 

会社においても必ず支出する必要経費があります。
社員のお給料、オフィス賃借料、電話、fax代などの通信費など。

会社を経営していくうえでの「事業経費」と考えるとわかりやすいかも知れません。損益計算書の「販売費及び一般管理費」には、会社の「事業経費」の明細が項目別にくわしく記載されます。

販売費及び一般管理費(販売管理費)を見れば、会社の事業経費として、何にどれくらいの支出をしているのかをくわしく知ることができます。

以下、具体的な例を紹介します。

名称

内容

給料

社員などに対するお給料

賞与

ボーナス

法定福利費

健康保険料や厚生年金などの会社負担分

福利厚生費

社員旅行・社員の冠婚葬祭の慶弔費

広告宣伝費

会社や商品の広告代など

接待交際費

取引先との接待費用

旅費交通費

出張時の交通費など

支払手数料

銀行利用時の振り込み手数料など

賃借料

オフィスの賃借料など

通信費

ネット通信費・切手代・ファックス代など

水道光熱費

水道代・電気代など

保険料

火災保険料・損害保険料など

減価償却費

資産の価値減少分

租税公課

固定資産税や自動車税など

消耗品費

コピー用紙・ボールペンの事務用品費など

「販売費及び一般管理費」のうち、もっとも大きな比重を占める一つに、人件費があります。

人件費とは説明するまでもなく、社員のお給料になります。人件費については、このサイトの別項目についてくわしく説明していますが、会社の販売費及び一般管理費を知ることは、その会社の人件費明細を知ることにもなります。

このような事情から、ふつう、会社は公表する損益計算書においては、明細を公表することはなく、これらを一つにまとめて、「販売費及び一般管理費」として公表することがほとんどになります。

「消しゴム」をイメージしてください。消しゴムは使えば使うほど、どんどん小さくなり、やがてなくなります。現在、残っている部分が消しゴムとして使えるわけです。つまり、消えてなくなった部分は、すでに使った部分です。この使ってなくなった部分を「減価償却費」といいます。

消しゴム.bmp

資産である車や建物も使えば使うほど古くなり、その価値は減少していきます。たとえば、車を100万円で購入したとします。この車が5年間で、下取り価格が、ゼロだとした場合、1年間の車の価値はどのくらい減少したことになるでしょうか。

購入価格(100万円)÷償却期間(5年間)=1年間の減価償却費(20万円)となります。

1年間に20万円ずつ「資産価値が減少」したと考えることができます。この資産価値の減少が、「減価償却費」です。

車Ⅱ.bmp

推薦の一冊

「まだ若手社員といわれるうちに知っておきたい会社の数字」
(講談社)

当HPの運営監修をしてくださっている伊達敦氏の著作。
全国の書店で絶賛発売中です。