お客様に愛されて10年。このHPで決算書・経営分析の基本を学べます。

5つの利益とは何か                              売上総利益、営業利益、経常利益などを知る

損益計算書には、ポイントとなる5つの利益があります。「売上総利益」「営業利益」「経常利益」「税引前当期純利益」「当期純利益」の5つです。損益計算書のつくりにしたがって、ざっくりと順番にみていきましょう。                           まず、「売上総利益」は、会社のもっとも基本となる利益です。 「営業利益」は、会社の本業で儲けた利益」、「経常利益」とは、会社の副業で稼いだ利益になります。さらに「税引前当期純利益」は、税金を納める前の利益になり、「当期純利益」は、会社が最終的に稼いだ利益ということになります。 

広告リンク

さらに5つの利益である
売上総利益、営業利益、経常利益などを知る

はじめて、決算書を学ぶ人が、驚きと違和感を持つ一つに損益計算書には、利益が5つもあることです。

「利益は、一つではない」

とは、どういうことなのでしょうか。

実は、最終的な利益は、あくまでも一つなのですが、その最終的な利益に辿り着く前に、特徴ある利益ごと区分するのです。この区分された利益を見ることで、会社の営業成績が詳細にわかるというわけです。たとえていうならば、大阪始発、東京終着の新幹線に乗車したイメージを持ちましょう。最終的な終着駅は、東京です。しかし、途中駅には、京都・名古屋・浜松・横浜とそれぞれの特徴ある駅があります。特徴あるこれらの各駅を知ることで、東京までの乗車がより有意義に味わい深くなるはずです。

損益計算書にある5つの利益とは、「売上総利益」「営業利益」「経常利益」「税引前当期純利益」「当期純利益」の5つです。

広告リンク

推薦の一冊

推薦の一冊

講談社お薦めの一冊です!

★★★★★      読者感想レビュー