はじめての決算書の見方・決算書の読み方・決算書とは・経営分析とは・簿記とは・社員研修・社員教育

貸借対照表の純資産とは、「会社の『純粋な財産』です」

身近な例で「純資産」考えてみましょう。
Aさんが、Bさんと一緒に1000円のケーキを買いました。
代金は、Aさん,Bさんそれぞれ半分の500円ずつ支払いました。
この場合、このケーキをすべてAさんが食べられるわけではありません。半分は、Bさんの分だからです。
ケーキ全部(1000円)―Bさんの分(500円)=Aさんの分(500円)
Aさんの純粋なケーキの取り分は500円分ということです。

純資産の考え方も同じです。
会社の資産から、負債を差引いた分が、純資産というわけです。
もっとも単純な計算式であらわせば、

資産−負債=純資産

ということになります。

 

純資産は、大きく2つに分けることができます。
「株主資本」と「株主資本以外」の2つです。

株主資本は、さらに「資本金」「資本剰余金」「利益剰余金」の3つに区分されます。

 

 

 

純資産.jpg

 

株主資本は、株主のお金が関係してくる資本です。
資本剰余金は、投資されたお金のうち資本金にしなかった部分と考えてください。
利益剰余金は、社内留保金などです。
株主資本以外は、その名のとおり、株主資本以外の資本、と知っておけば十分です。