お客様に愛されて10年。このHPで決算書・経営分析・簿記の基本を学べます。PDF教材販売中!サンプルも見れます。

負債とは何か

貸借対照表の「負債とは、会社の『借金』です」

借金というものは、借りたお金ですから、いずれ返済しなければなりません。

「借金は、しない方がよい」

借金には、そんなマイナスイメージがあるのではないでしょうか。
しかし、私たちの身近な借金を考えてみると、マイナスイメージばかりでもありません。

たとえば、マイホームを建てる場合、多くの人は銀行などへローンを申し込みます。つまり、借金をするわけです。借金をすることで、手持ち資金はなくてもマイホームを建て、快適な生活ができるわけです。 

会社の「負債」も同じようなことがいえます。

たとえば、起業したばかりの時期は運転資金が不足しがちですし、既存の会社であっても新規の事業をおこなうときには、多くの資金が必要になります。
この場合、銀行などからの融資を受けること—すなわち、借金をするのは、当然でしょう。
借金によって、資金を充実させ新規事業などに積極的に投資ができるのです。

負債は、大きく2つに分けられます。「流動負債」「固定負債」の2つです。  

   負債の分類

負       債流 動 負 債
固 定 負 債

 

さらに「負債」を知る

流動負債

まず、「流動負債」です。

これは、『流(なが)れ動く』負債ということです。
流れ動くとは、増えたり減ったりする変動が大きいということです。
つまり、流動負債とは、変動の大きい借金というわけです。
流動負債の中身は、下記のようなものです。

  • 支払手形、買掛金、短期借入金、未払金など。
固定負債

つぎに「固定負債」です。

これは、「固(かた)く、定(さだ)まった負債」ということです。
たとえば、銀行などから長期的な融資を受けている借入金です。
つまり、借金の返済に期間が時間的に余裕がある負債と考えるとよいでしょう。
固定負債は下記のようなものです。

  • 長期借入金、※社債など。
    ※ 社債とは、会社が、社債券という有価証券を発行して資金調達するもの。

項目

内容

流動負債

支払手形・買掛金・短期借入金・未払金

固定負債

長期借入金・社債

広告リンク 

広告リンク 

推薦の一冊

講談社お薦めの一冊です!

★★★★★      読者感想レビュー