お客様に愛されて10年。このHPで決算書・経営分析の基本を学べます。

貸借対照表とは何か

貸借対照表(バランスシート)で、会社の「全財産」がわかる

貸借対照表(バランスシート)は、土地・建物などの財産ばかりでなく、借入金などの借金も含めて表示されます。つまり、プラスの財産ばかりでなく、マイナスの財産も含めた「会社の全財産」を知ることができます。貸借対照表とは、会社の全財産を知るデータ表です。身近な例で、貸借対照表を考えてみましょう。 Aさんは、マイホームを3000万円で購入しました。購入資金の内訳は、銀行からの借入金が2500万円。自己資金が500万円です。このとき、Aさんの財産は、つぎのようになります。

                                  Aさんの全財産    (単位:万円)

 マイホーム    3,000 借 入 金    2,500
 自己資金       500
  合    計  3,000 合    計    3,000

 

マイホームの購入代金3000万円が、借入金2,500万円と自己資金500万円の合計額の3,000万円とバランスよく一致していることがわかります。つぎにAさんの全財産を貸借対照表をつかって、あらわしてみましょう。貸借対照表では、以下のような表現になります。

 マイホーム=「資産」
 借入金    =「負債」
 自己資金   =「純資産」

 

                           Aさんの貸借対照表    (単位:万円)

 資  産    3,000 負   債    2,500
 純 資 産       500
 合  計  3,000 合   計    3,000
 

 

広告リンク 

「貸借対照表」は、3つの柱で成り立つ

貸借対照表は、「資産」「負債」「純資産」の3つの大きな柱で成り立ています。左右の金額は、必ず同じになります。すなわち、「資産」=「負債」+「純資産」ということです。貸借対照表が、英語で、バランスシート(balance sheet)とよばれる理由です。

 

貸借対照表のつくり

   資    産   負    債
   純   資  産

 

  ※左右の金額は一致する。

 

推薦の一冊

推薦の一冊

講談社お薦めの一冊です!

★★★★★      読者感想レビュー