お客様に愛されて10年。このHPで決算書・経営分析・簿記そして、原価計算の基本を学べます。

貸倒引当金について

モノやサービスなどの売上によって、得られた売掛金や受取手形を「売上債権」といいます。もう少し、簡単にいえば、「代金を受け取る権利」と言い換えることができます。

当然のことながら、取引先にはさまざまな会社があり、経営状況が良い会社ばかりではありません。中には、経営が苦しい会社もあるでしょう。ですから、会社はいつでも売った代金が必ずしも回収されないリスクを抱えています。このため、このリスクにあらかじめ、対処すべき、「保険」をかけておく必要性があります。この「保険」が「貸倒引当金」です。

たとえば、取引先A社の売上債権100万円に対して、まったく貸倒引当金の設定をしていなければ、万一、A社が倒産した場合、100万円の損失が計上されます。しかし、あらかじめ、20万円の貸倒引当金を設定していれば、100万円ー20万円=80万円の損失で済むわけです。万が一のリスクに備える「保険」。これが、貸倒引当金の基本的な設定理由です。

広告リンク 

推薦の一冊

講談社お薦めの一冊です!

★★★★★      読者感想レビュー