お客様に愛されて10年。このHPで決算書・経営分析の基本を学べます。

貸倒引当金について

モノやサービスなどの売上によって、得られた売掛金や受取手形を「売上債権」といいます。もう少し、簡単にいえば、「代金を受け取る権利」と言い換えることができます。

当然のことながら、取引先にはさまざまな会社があり、経営状況が良い会社ばかりではありません。中には、経営が苦しい会社もあるでしょう。ですから、会社はいつでも売った代金が必ずしも回収されないリスクを抱えています。このため、このリスクにあらかじめ、対処すべき、「保険」をかけておく必要性があります。この「保険」が「貸倒引当金」です。

たとえば、取引先A社の売上債権100万円に対して、まったく貸倒引当金の設定をしていなければ、万一、A社が倒産した場合、100万円の損失が計上されます。しかし、あらかじめ、20万円の貸倒引当金を設定していれば、100万円ー20万円=80万円の損失で済むわけです。万が一のリスクに備える「保険」。これが、貸倒引当金の基本的な設定理由です。

広告リンク 

伊達敦著 ひとりで学べる講座シリーズ 発売中!

講義編では、難しい会計の専門用語は使わず、わかりやすい身近な例を取り上げました。決算書の本は、分量のある本を長時間で読み込むよりも、簡潔な内容の本を短時間で、どんどん読んだ方が確実に定着します。講義編の内容を理解すれば、決算書の基本知識は十分のはずです。

ビジネスの世界では「決算書を作成できる人は多いが、決算書を読める人は少ない」とよく言われます。ここでいう「決算書を読める」とは「経営分析ができる」という意味になります。本講義編で紹介する経営分析は、基本的で実践的なものを中心に取り上げました。

 

これまでの簿記の本とは、一線を画しました。それは、実務に役立つ内容に徹したことです。私はかねてより、ほとんどの簿記の本が、検定試験の出題に沿ったものばかりであるのが不思議でした。私はこの実情を正視し、すぐに役立つ実用的な簿記の本が必要である、と考えました。

推薦の一冊

推薦の一冊

講談社お薦めの一冊です!

★★★★★      読者感想レビュー