お客様に愛されて10年。このHPで決算書・経営分析の基本を学べます。

費用収益対応の原則

損益計算書においては、「費用」と「収益」は適切に対応していなければなりません。

言い方をすこし変えると「費用」と「収益」は、それぞれが深く関わりあっていなければなければなりません。たとえば、売上高と売上原価の関係を考えてみましょう。お客さんにモノやサービスを売らなければ、売上高は計上できません。

では、そのモノやサービスの費用は損益計算書では、どのように表示されているでしょうか。これは、「売上原価」です。このため、売上高と売上原価はとても深く関わりあっているといえます。損益計算書において、このような費用と収益との関係を「費用収益対応の原則」といいます。

広告リンク 

伊達敦著 ひとりで学べる講座シリーズ 発売中!

講義編では、難しい会計の専門用語は使わず、わかりやすい身近な例を取り上げました。決算書の本は、分量のある本を長時間で読み込むよりも、簡潔な内容の本を短時間で、どんどん読んだ方が確実に定着します。講義編の内容を理解すれば、決算書の基本知識は十分のはずです。

ビジネスの世界では「決算書を作成できる人は多いが、決算書を読める人は少ない」とよく言われます。ここでいう「決算書を読める」とは「経営分析ができる」という意味になります。本講義編で紹介する経営分析は、基本的で実践的なものを中心に取り上げました。

 

これまでの簿記の本とは、一線を画しました。それは、実務に役立つ内容に徹したことです。私はかねてより、ほとんどの簿記の本が、検定試験の出題に沿ったものばかりであるのが不思議でした。私はこの実情を正視し、すぐに役立つ実用的な簿記の本が必要である、と考えました。

推薦の一冊

推薦の一冊

講談社お薦めの一冊です!

★★★★★      読者感想レビュー