お客様に愛されて10年。このHPで決算書・経営分析の基本を学べます。

営業利益と経常利益の違いについて②

ここでは、営業利益と経常利益を知るためにA社とB社を比較しながら見ていきましょう。2社の損益計算書の抜粋は、つぎのとおりです。

       A社の損益計算書抜粋

営業利益400
営業外収益150
営業外費用50
経常利益500

 

       B社の損益計算書抜粋

営業利益△300
営業外収益900
営業外費用100
経常利益500

 

営業利益から経常利益までの計算式は、つぎのとおりです。

 営業利益+営業外収益ー営業外費用=経常利益

A社もB社も経常利益は、500と同じです。しかし、内容は大きく異なります。A社は、本業の利益である営業利益が400の黒字です。さらに順調に営業外収益も稼ぎ、副業である経常利益は500と増加しています。一方、B社は、営業利益が大幅な赤字です。しかし、副業の頑張り、経常利益は500となっています。B社は、本業の利益はダメだったけれども、何とか副業で利益を出した、というわけです。このことから、経常利益は、A社とB社は、500と同じ金額ですが、A社が本業が堅調な営業業績であるのに対し、B社は、大きな経営課題を抱えていると判断できます。

広告リンク 

広告リンク 

伊達敦著 ひとりで学べる講座シリーズ 発売中!

講義編では、難しい会計の専門用語は使わず、わかりやすい身近な例を取り上げました。決算書の本は、分量のある本を長時間で読み込むよりも、簡潔な内容の本を短時間で、どんどん読んだ方が確実に定着します。講義編の内容を理解すれば、決算書の基本知識は十分のはずです。

ビジネスの世界では「決算書を作成できる人は多いが、決算書を読める人は少ない」とよく言われます。ここでいう「決算書を読める」とは「経営分析ができる」という意味になります。本講義編で紹介する経営分析は、基本的で実践的なものを中心に取り上げました。

 

これまでの簿記の本とは、一線を画しました。それは、実務に役立つ内容に徹したことです。私はかねてより、ほとんどの簿記の本が、検定試験の出題に沿ったものばかりであるのが不思議でした。私はこの実情を正視し、すぐに役立つ実用的な簿記の本が必要である、と考えました。

推薦の一冊

推薦の一冊

講談社お薦めの一冊です!

★★★★★      読者感想レビュー