お客様に愛されて10年。このHPで決算書・経営分析の基本を学べます。

売上総利益から、給料や経費が支払われる

「売上総利益」は、会社のもっとも基本となる利益です。

売上総利益は、以下のように計算されます。

売上高―売上原価(仕入高)=売上総利益

会社は、この売上総利益から社員のお給料やオフィス賃借料、接待交際費に代表される営業の諸経費を支払うことになります。このため、売上総利益が十分に稼げない会社や売上総利益が赤字である場合、会社の事業そのものが存続の危機に瀕していることになります。さらに言えば、基本的な事業モデルから利益が稼げていない状態を正視したとき、事業モデルそのものに問題があると判断できます。

売上総利益は、粗利(あらり)ともいわれます。

売上総利益は、つぎのようなイメージで考えると理解しやすいかも知れません。                 まず、リンゴやみかんをイメージしましょう。これらを食べるときは、皮を剥きます。赤いリンゴの皮、オレンジ色のみかんの皮です。そうすると、おいしい果実が出てきます。このおいしい果実こそが、「売上総利益」というわけです。

リンゴ全体―リンゴの皮=白い果実

(売上高)―(売上原価)=売上総利益

広告リンク 

広告リンク 

伊達敦著 ひとりで学べる講座シリーズ 発売中!

講義編では、難しい会計の専門用語は使わず、わかりやすい身近な例を取り上げました。決算書の本は、分量のある本を長時間で読み込むよりも、簡潔な内容の本を短時間で、どんどん読んだ方が確実に定着します。講義編の内容を理解すれば、決算書の基本知識は十分のはずです。

ビジネスの世界では「決算書を作成できる人は多いが、決算書を読める人は少ない」とよく言われます。ここでいう「決算書を読める」とは「経営分析ができる」という意味になります。本講義編で紹介する経営分析は、基本的で実践的なものを中心に取り上げました。

 

これまでの簿記の本とは、一線を画しました。それは、実務に役立つ内容に徹したことです。私はかねてより、ほとんどの簿記の本が、検定試験の出題に沿ったものばかりであるのが不思議でした。私はこの実情を正視し、すぐに役立つ実用的な簿記の本が必要である、と考えました。

推薦の一冊

推薦の一冊

講談社お薦めの一冊です!

★★★★★      読者感想レビュー