お客様に愛されて11年。このHPで決算書・経営分析の基本を学べます。

就活中、転職をお考えの方/営業・購買・人事などの管理職になりたい方、なったばかりの方

全社会人にすぐに役立つメールマガジン(全5通)はこちら

利益率と原価率とは何か

利益率と原価率という会計知識は、ビジネス実務で、非常によく使う言葉です。この機会に覚えておくと有意義です。非常に簡単に説明してしまえば、売価に占める利益の割合が「利益率」です。そして、売価に占める原価の割合を「原価率」といいます。

 

利益率

売価に占める利益の割合

原価率

売価に占める原価の割合

解すれば、以下のようにようになります。

このときの利益率、原価率は、何%でしょうか?

 

売価100円 利益 20円
 原価 80円

 

 このとき、利益率は、20円÷100円=20%

      原価率は、80円÷100円=80%

 となります。

 

 

決算書で、利益率と原価率をみてみましょう。

        損益計算書 抜粋

売上高 800,000
売上原価 600,000
売上総利益 200,000

 

 このとき、利益率は、200,000円÷800,000円=25%

      原価率は、600,000円÷800,000円=75%

 となります。

 

 

付加率とは何か

利益率や原価率と似て非なるものに「付加率」があります。ときどき、混乱する人もいますので、紹介しておきます。これは、原価を基本にした考え方です。たとえば、原価に20%の利益を付加している、というような表現になります。マークアップ率ともいいます。

 

図解すれば、以下のようにようになります。

このときの付加率は、何%でしょうか?

 

売価100円 利益 20円
 原価 80円

 

 このとき、付加率は、原価を基本に考えますから、原価が100%です。                                利益が20円ですから、付加率は、20円÷80円=25% となります。

[例] 東京商事㈱は、A商品を2,000円で仕入れ、2,200円で販売している。                     このときの付加率は、いくらか?

   [解答]

     付加率は、(2,200円-2,000円)÷2,000円=10%

 

広告リンク

はじめての「決算書」講義編

決算書に興味を持ったら      ちょっと読んでみませんか?

無料ダウンロード実施中!       表紙をクリック!               「決算書を学ぶ」きっかけ作りに最適な                      デジタルPDF教材です。

デジタル教材販売中!

推薦の一冊

講談社お薦めの一冊です!

★★★★★      読者感想レビュー