お客様に愛されて10年。このHPで決算書・経営分析・簿記そして、原価計算の基本を学べます。

標準原価計算とは何か

標準原価計算とは何か

標準原価計算とは、あらかじめ目標とする原価(標準原価)を決め、標準原価に基づいて、製品の原価を計算する方法です。この標準原価はムダや非効率を省いた原価となります。 すなわち、科学的、統計的調査に基づいて計算されたデータです。したがって、標準原価と実際原価を比較、対比することで、ムダや非効率な要因が明快になります。

 

具体的に計算してみましょう。

つぎの資料にもとづき、完成品原価、月末仕掛品原価、月初仕掛品原価、当月標準製造費用を計算しなさい。なお、当社は標準原価計算を採用している。

 

               生産データ

月初仕掛品

20040%)

当月投入

1,200

合計

1,400

月末仕掛品

20050%)※

完成品

1,200

 

   ※   (   )は、加工進捗度。

          材料はすべて、工程の始点で投入している。

 

標準原価データ

 

 

標準単価

標準消費量

標準直接材料費

@100

5kg

500

 

 

標準賃率

標準直接作業時間

標準直接労務費

@150

3h

450

 

 

標準配賦率

標準直接作業時間

標準製造間接費

@200

3h

600

     

     製品1個あたりの標準原価 500円+450円+600円=1,150円

 

[解説・解答]

 

完成品原価   @1,550×1,200= 1,860,000

 

月初仕掛品原価  直接材料費 @500×200個=100,000

         直接労務費 @450×80個=36,000

                        製造間接費 @500×80個=48,000円   

                                計            184,000

 

当期製造費用   直接材料費 @500×1,200個=600,000

         直接労務費 @450×1,220個=549,000

                        製造間接費 @600×1,220個=732,000

             計             1,881,000

 

月末仕掛品原価   直接材料費 @500×200個=100,000

            直接労務費 @450×100個=45,000

                             製造間接費 @600×100個=60,000

                                             計       205,000

 

    (月初仕掛品+当期製造費用) ― 月末仕掛品= 完成品原価

                184,000円+1,881,000円)―205,000円=1,860,000

 

さらに標準原価計算の差異を知る

広告リンク 

推薦の一冊

講談社お薦めの一冊です!

★★★★★      読者感想レビュー