お客様に愛されて10年。このHPで決算書・経営分析の基本を学べます。

連結会計とは何か

A社が、B社の株式を多数占め(議決権50%超)、B社の経営方針を決定できる場合、A社を親会社、B社をA社の子会社といいます。このA社とB社の関係を支配従属関係といいます。現在、この支配従属関係にある会社が多数存在します。いわゆるグループ会社です。

このグループ会社の経営成績や財産内容を知るために必要な会計知識が連結会計です。グループ全体の財務諸表を連結財務諸表といいます。ここでは、基本的な連結会計の知識を紹介していきます。

[支配獲得日の連結会計] 

A社がB社の株式の過半数(50%超)を取得した日を支配獲得日といいます。ここでは、シンプルな支配獲得日の仕訳をみていきましょう。A社は、B社の株式を1,000円で取得した。このときの連結修正仕訳を示し、連結貸借対照表を作成すればつぎのとおりになります。

                  貸借対照表

 借 方 A社 B社 貸 方 A社 B社
 諸資産 5,000  3,000 諸負債 4,000  2,000
 B社株式   1,000  ― 資本金   2,000  1,000
  計 6,000  3,000    計   6,000  3,000

 

[A社の仕訳]

借方

貸方

B社株式 1,000

 

現 金 1,000

[B社の仕訳]

借方

貸方

仕訳なし。

 

 

B社の株主の変更に仕訳はありません。所有する株主が変更になっただけで、会社の資産には何の影響もないからです。

しかし、合併貸借対照表を作成するにあたり、投資と資本を相殺します。なぜなら、重複計上を避けなければならないからです。すなわち、B社株式と資本金の逆仕訳が必要です。

[逆仕訳]

借方

貸方

資本金 1,000

 

B株式 1,000

修正仕訳後の連結貸借対照表は、つぎのとおりになります。

                  連結貸借対照表

 借  方 金 額 貸  方 金 額
 諸資産 8,000 諸負債 6,000
     資本金   2,000
  計 8,000    計   8,000

 

広告リンク 

伊達敦著 ひとりで学べる講座シリーズ 発売中!

講義編では、難しい会計の専門用語は使わず、わかりやすい身近な例を取り上げました。決算書の本は、分量のある本を長時間で読み込むよりも、簡潔な内容の本を短時間で、どんどん読んだ方が確実に定着します。講義編の内容を理解すれば、決算書の基本知識は十分のはずです。

ビジネスの世界では「決算書を作成できる人は多いが、決算書を読める人は少ない」とよく言われます。ここでいう「決算書を読める」とは「経営分析ができる」という意味になります。本講義編で紹介する経営分析は、基本的で実践的なものを中心に取り上げました。

 

これまでの簿記の本とは、一線を画しました。それは、実務に役立つ内容に徹したことです。私はかねてより、ほとんどの簿記の本が、検定試験の出題に沿ったものばかりであるのが不思議でした。私はこの実情を正視し、すぐに役立つ実用的な簿記の本が必要である、と考えました。

推薦の一冊

推薦の一冊

講談社お薦めの一冊です!

★★★★★      読者感想レビュー