お客様に愛されて10年。このHPで決算書・経営分析の基本を学べます。

リース取引とは何か

会社では、コピー機に代表される事務機器や社有車など多くのものがリース契約されています。こおでは、このリース取引についてみていきましょう。

まず、リース取引は、大きく、ファイナンス・リース取引とオペレーティング・リース取引の2つに分けられます。

ファイナンス・リースとは、解約不能のリース取引です。要するに、リース物件を購入したこと同じ意味になります。それ以外のリース取引をファイナンス・リース取引といいます。

[ファイナンス・リース編]

A社は、リース会社であるB社から備品のファイナンス・リース契約を下記の条件で締結した。リース契約5年。リース総額600,000円。

 

借方

貸方

リース資産 600,000

 

リース債務 600,000

 リース料年額120,000円を現金払いした。

借方

貸方

リース債務 120,000

 

現  金  120,000

つぎに[オペレーティング・リース編]の仕訳です。 

A社は、リース会社であるB社から備品のファイナンス・リース契約を下記の条件で締結した。リース契約5年。リース総額600,000円。

借方

貸方

仕訳なし

 

 

 リース料年額120,000円を現金払いした。

借方

貸方

支払リース料 120,000

 

現  金 120,000

推薦の一冊

推薦の一冊

講談社お薦めの一冊です!

★★★★★      読者感想レビュー