お客様に愛されて10年。このHPで決算書・経営分析・簿記そして、原価計算の基本を学べます。

三分法とは何か

つぎに分記法について紹介します。分記法とは、商品の売買を、「商品」と「商品売買益」という2つの勘定科目で、処理する方法です。

まずは、商品を50,000円を仕入れ、代金は掛けとした。

 

借方

貸方

商 品 50,000

買掛金 50,000

 商品を60,000円で、売り上げ、代金は掛けとした。

借方

貸方

売掛金 60,000

商 品    50,000

商品売買益  10,000

 決算を迎えた。期首商品は、30,000円。期末商品は20,000円であった。

借方

貸方

仕訳なし

 

広告リンク 

推薦の一冊

講談社お薦めの一冊です!

★★★★★      読者感想レビュー