お客様に愛されて10年。このHPで決算書・経営分析の基本を学べます。

資本剰余金とは何か

資本剰余金のうち、簿記の仕訳で問題になるのは、「資本準備金」です。

株主から出資されたお金は、原則として、全額「資本金」となります。しかし、会社法により、株主から出資されたお金のうち1/2まで資本金としないことができます。これが、「資本準備金」です。

[例1]会社の設立にあたり、株式を1株50,000円で、1,000株発行し、払込金は当座預金とした。

借方

貸方

当座預金 50,000,000

資本金 50,000,000

この仕訳が、原則的な仕訳となります。つまり、出資金がすべて資本金になります。

[例2]会社の設立にあたり、株式を1株50,000円で、1,000株発行し、払込金は当座預金とした。 なお、資本金への組み入れ金額は、会社法により払込金の1/2である25,000,000円を資本金とした。

借方

貸方

当座預金 50,000,000

資本金    25,000,000

資本準備金 25、000,0000

※この仕訳が、例外的な仕訳になります。出資された金額のうち、1/2が資本金となり、その他の1/2が資本準備金となります。資本準備金は例外的な仕訳なのです。 

広告リンク 

広告リンク

推薦の一冊

推薦の一冊

講談社お薦めの一冊です!

★★★★★      読者感想レビュー