お客様に愛されて10年。このHPで決算書・経営分析・簿記の基本を学べます。PDF教材販売中!サンプルも見れます。

分記法と三分法とは何か

・「三分法」 とは何か

商品を仕入れ、そして、売ったとき、これまで、「仕入」「売上」という勘定科目で処理してきました。これは、商品を「仕入」「売上」、そして、決算時に使用する「繰越商品」という三つに分割して処理するため「三分法」といわれる仕訳方法です。

・分記法

商品売買を「商品」と「商品売買益」という2つの勘定科目をつかった仕訳方法を分記法といいます。ここでは、わかりやすいように「三分法」と「分記法」を比較しながらみていきます。

[例1] 商品100,000円を掛けで仕入れた。

<三分法>

借方

貸方

仕入 100,000

買掛金 100,000

<分記法>

借方

貸方

商品 100,000

買掛金 100,000

[例2] 上記、[例1]の商品を120,000円で販売し、代金は現金で受け取った。

<三分法>

借方

貸方

現金 120,000

売上 120,000

<分記法>

借方

貸方

現   金 120,000

商   品  100,000

商品売買益 20,000

分記法では、売上の都度、「商品売買益」という利益を計上します。このため、商品の数や売買の頻度が少ない、宝石店などの業種には適しています。一方で、大量の商品を取り扱う小売店には適さない仕訳方法といえます。

広告リンク 

広告リンク 

推薦の一冊

講談社お薦めの一冊です!

★★★★★      読者感想レビュー