お客様に愛されて10年。このHPで決算書・経営分析の基本を学べます。

東芝不正会計 半導体部門売却にみるいつか来た道

今、東芝が、不正会計で揺れています。会社は、生き物ですから、歴史ある会社ほど苦しい時期もあります。東芝も例外ではありません。この苦しい時期を乗り越え、東芝には、再び名門企業として復活してほしいものです。ところで、報道によれば、東芝が、半導体事業部門の売却を検討しているとのことでした。半導体部門は、東芝にとって、いわば、稼ぎ頭です。「半導体部門も売却するのか?」と驚きを隠せませんでした。しかし、キャッシュが必要な東芝にとって、売れそうな事業といえば、もはや半導体部門しか残されていない、という報道もあり、これも致し方ないのか?という妙に納得してしまうところもあります。筆者は、今からおよそ15年ほど前のある企業の事業部門の売却事例を想起せざるをえませんでした。ダイエーが、ローソン株を大量に売却した案件です。このローソン株売却によって、経営危機に瀕していたダイエーは、巨額のキャッシュを手に入れました。一方、経済界の一部では、これで、「ダイエーは、終わった」という声が囁かれました。それというのも当時、ローソンは、ダイエーの事業部門で唯一の優良事業部門だったからです。高収益であり、多額のキャッシュをダイエー本体に還元していました。そのローソンを売却してしまっては、近い将来、ダイエーが倒産するのは、目に見えている、というのです。今回、東芝は、半導体部門の売却によって、巨額のキャッシュを手に入れることになるでしょう。債務超過の財務体質もある程度改善されるに違いありません。しかし、その一方で、東芝の稼ぎ頭である半導体事業を切り捨て、何で稼ぐというのか?まだ、その事業構想を東芝の経営陣は、語っていません。ダイエーと東芝、時代も業界も大きく異なる企業ですが、今、東芝が向き合う経営課題の局面は、かつてのダイエーと類似する点が多くあります。生き馬の目を抜く、ビジネス界で、東芝は、かつてのダイエーを反面教師として、生き残れるのか?東芝の経営陣の事業構想に注目しています。

★決算に関する知識を身につけたい方のために、ビジネスで実践的に役立つデジ タル教材をご用意してあります。詳しくは、デジタル教材ページご覧下さい

広告リンク 

伊達敦著 ひとりで学べる講座シリーズ 発売中!

講義編では、難しい会計の専門用語は使わず、わかりやすい身近な例を取り上げました。決算書の本は、分量のある本を長時間で読み込むよりも、簡潔な内容の本を短時間で、どんどん読んだ方が確実に定着します。講義編の内容を理解すれば、決算書の基本知識は十分のはずです。

ビジネスの世界では「決算書を作成できる人は多いが、決算書を読める人は少ない」とよく言われます。ここでいう「決算書を読める」とは「経営分析ができる」という意味になります。本講義編で紹介する経営分析は、基本的で実践的なものを中心に取り上げました。

 

これまでの簿記の本とは、一線を画しました。それは、実務に役立つ内容に徹したことです。私はかねてより、ほとんどの簿記の本が、検定試験の出題に沿ったものばかりであるのが不思議でした。私はこの実情を正視し、すぐに役立つ実用的な簿記の本が必要である、と考えました。

推薦の一冊

推薦の一冊

講談社お薦めの一冊です!

★★★★★      読者感想レビュー